空き家と法律

過去には土地と建物を所有している場合、空き家になっていても更地にしていなければ、固定資産税の負担が6分の1になるという税制上の優遇措置を受けることが可能でした。
しかしながら、いまはもうこの恩恵を受けることができなくなっています。
なぜかといいますと、法改正が行われたためです。
空き家対策特別措置法がスタートし、空き家があれば6分の1になっていた固定資産税が、更地だけの状態と同じになりました。
つまり、これまでとは6倍の税負担を強いられる可能性があることが、空き家状態で放置している人に対して決まったというわけです。

どういう人に対し優遇がなくなるのかが問題ですが、倒壊の恐れがあることなどが挙げられます。
廃屋同然になっていて人や環境などに悪影響を及ぼす恐れのあるものが対象となり、指導が入ります。
これにしたがわない場合、税制上の優遇が受けられなくなってしまいます。
この法律はすでに完全施行されているため、固定資産税がこれまでより6倍になり、負担に感じている人も少なくないでしょう。
人が住んでいて適切に管理されていれば良いのですが、住めない場合にはどうしたら良いのでしょうか。

当サイトでは、このような疑問・不安を抱いている人のため、対策方法を説明します。
空き家を持っていて税負担が増している人にとっては有益な情報ですので、参考にしていただけると幸いです。
固定資産税は毎年発生するものですので、税負担を重くしたくない人にはとくにおすすめな内容となっています。